住宅購入・資産運用・保険見直しの不安を一緒に解消しませんか?

これまでに住宅ローン相談を利用された方のご相談のきっかけ【ベスト7】

NO.1 不動産業者・金融機関ではなく中立・公正な方に相談したかった

NO.2 住宅ローンの組み方・選び方がわからない

NO.3 短期固定金利期間がもうすぐ終わるが、その後どうしたら良いかわから
   ない

NO.4 変動金利で住宅ローンを組んだが不安になってきた

NO.5 住宅ローンの借換えをしたほうが良いのかどうかわからない

NO.6 住宅ローンの基礎的知識(借換え含む)をつけたい

NO.7 住宅ローンの負担が重いが、どうしたら良いかわからない

1.住宅ローンの利息と金融機関の姿勢

これから住宅ローンを組む方・住宅ローンの借換えを検討されている方に2つ質問です。

(1)3,000万円を35年間、固定金利3%で借りた場合、支払う利息はどれぐらいになると思われますか?

 答えは、何と! 約1,850万円!

 3,000万円借りて、4,850万円支払うことになります。

 言い換えると、3,000万円の住宅をローンで購入すれば、4,850万円の住宅を購入したのと同じになります。

(2)住宅ローンは、あなたがお好きな金融機関で希望する住宅ローンを組めると思いますか?

答えは、「ノー」です。

金融機関の立場に立って考えてみましょう。
(あなたは、金融機関の融資担当者です)

年収200万円のAさんと年収1,000万円のBさんが、3000万円借りたいと訪ねてきました。

あなたは、AさんとBさん、どちらに貸したいですか?

おそらく、AさんよりBさんのほうが、滞りなく返済してくれる可能性が高いということでBさんを選択されたのではないでしょうか?

これから、住宅ローンを組む方、借り換えを考えている方に知っておいてほしいことがあります。

それは、あなたは、金融機関がお金を貸したい方なのか、貸したくない方なのかということを理解しておくこと!です。

このページのトップへ

2.住宅ローンの2つのポイント

(1)融資比率

融資比率とは、「物件価格に対する借入の割合」です。

例えば・・・

3000万円の住宅を頭金300万円・2700万円のローンを組んで購入した場合、
融資比率は、2700万円÷3000万円×100=90%になります。

(2)返済比率

返済比率とは、「税込み年収に対する年間返済割合」です。

例えば・・・

税込み年収600万円の人が、住宅ローンの毎月返済額12.5万円としたら年間返済額は150万円になります。

返済比率は、150万円÷600万円×100=25%

(3)目安

この2つの比率により、あなたは金融機関がお金を貸したい方なのか貸したくない方なのかがわかります。

気に入ったローンが見つかった場合、そのローンを扱っている金融機関があなたにお金を貸してくれるのかどうかがある程度わかります。

あくまでも目安ですが、融資比率80%未満 返済比率25%未満であれば、あなたは、金融機関がお金を貸したい=自分の思い通りのローンを組める可能性が高いということになります。

(注)この基準以外の審査基準もありますので、あくまでも目安です

このページのトップへ

3.住宅ローンで破綻しないために

夢のマイホーム購入に向けて、心弾んでいる方も多いと思います。ただ、お金の問題を解決しなければ前に進めないのではないでしょうか?昨今の景気悪化を受けて、住宅ローンの返済が困難になっているがどうしたら良いか?という相談が増加しています。

昔は、年功序列・終身雇用・多額の退職金・高金利と国や会社がしっかりバックアップしてくれていたので、お金のことをあまり考えずに購入しても、そんなに困ることはありませんでした。

それに対して現在、成果主義・雇用不安・退職金不明確・低金利・年金減少と国や会社がバックアップしてくれた時代が終わり、「自己責任」の時代に入っています。ですから、住宅購入に関しても考え方を変えていかないと、将来的に住宅ローンで破綻する可能性が出てしまいます。

このような時代背景からも、住宅ローン返済中でもきっちり貯蓄が出来る計画、老後資金・教育資金も含めてトータルで考える必要があります。

私は、あなたの夢の実現のお手伝いをさせていただきたいですし、将来、住宅ローンで破綻して欲しくないと思っています。

このページのトップへ

4.サービスの流れと相談料

(1)サービスの流れ
1.初回カウンセリング
・住宅ローンの基本的な事項(借換え含む)を解説します。
・家計の現状をお聞きして、問題点を発見します。
2.ライフプランを含む資金計画の提案
・住宅購入後・住宅ローン借換え後のライフプランを重視した、無理のない資金計画の
 提案を行います。
・住宅ローンの組み方の提案を行います。
3.アフターフォロー
・ 火災保険、家財保険、地震保険の考え方・注意点の解説を行います。
・住宅ローンを組んで団信に加入すれば、保険を見直すことが出来ますので、
 保険見直し相談と同じサービスを提供します。
・老後資金等を準備するために、資産運用相談と同じサービスを提供します。
・1年間、面談及びメールによる質問が可能です。
・顧客向けニュースレター「ぽっかぽか通信」を郵送いたします。
(2)相談料
初回相談  3,240円(60分)
上記(1)の1〜3を含む住宅ローン相談(1年間サポート)は、64,800円(税込)
※住宅購入相談とほぼ同じ内容になります。
物件決定前に相談に来られるのか?物件決定後に相談に来られるのか?
の違いです。

このページのトップへ

お問い合わせ

・TEL 072−283−7349(営業時間10時〜20時「土日祝含む」)
 *お電話でお問い合わせをいただいた場合、面談中はお電話にでられないことがあります。
  後程こちらからかけ直し致しますので、ご了承の程よろしくお願い致します。

・メール 以下のお問い合わせフォームが便利です。
   ⇒ お問い合わせはコチラ


⇒いきなり相談するのはちょっと・・・と思われた方は、
 「読まなアカン!人生がバラ色になるお金の特別講義」を受講して、
 基本的な勉強からスタートすることをお薦めいたします。



FMで放送された住宅ローンに役立つ話が聞けます

このページのトップへ